コシヒカリと並び、米どころ会津を代表する極良食味米

■一般栽培米とは?
農薬・化学肥料も通常通り使用して栽培される、お店でもよくみる、いわゆる普通のお米です。お米の場合、一般(慣行)栽培が約95%を占めているといわれています。萬平商店では一般栽培米においても、地元産米や味にこだわった品種を吟味して提供しています。

価格(税込)
5圈2,750円(玄米 2,475円 無洗米 2,866円)
生産者
会津有機米研究会
産年
平成29年産
特徴
福島県会津地方は、県境を越えれば新潟県魚沼地域があるように、昼夜の寒暖差のある盆地ならではの気候、ミネラル分豊富な雪解け水など、米の栽培に適した地域となっています。その会津地方で生産される「ひとめぼれ」は、本場・宮城県産と比較しても遜色なく、ふっくら炊き上があり、大粒で食べ応えもあり、モッチリした食感が特徴。粘りと旨みもいうことなしです。


全国環境保全型農業推進会議主催
第6回環境保全型農業推進コンクール 奨励賞受賞!

安全なお米だけを精米し、消費者の皆様へお届けします。

福島県の米は、「放射性物質の基準値を超える米は絶対に流通させない」「消費者が安心できる米の出荷体制を整えて理解を得ていく」ことをめざし、収穫後の県内産米の「全量全袋検査」を実施し、徹底した検査に取り組んでいます。




「全量全袋検査」の検査場の作業風景



会津有機米研究会の皆さんとJA会津みどり方が来店してくれました。


会津有機米研究会の皆さん

生産者からのコメント
自然豊かな会津盆地で「土作り」を重視し黒毛和牛の完熟堆厩肥を圃場へ還元することで、農薬と化学肥料を半分以下に抑えた「自然環境保全型農業」に取り組んでいます。(佐藤真也さん)


【エコファーマー】
「持続性のの高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づき、持続性の高い農業生産方式(土づくり、化学肥料・化学農薬の低減に一体的に行う生産方式)を導入する計画を立て、都道府県知事の認定を受けた農業者


ワンポイントアドバイス
福島県の米は、放射能に関する「全量全袋検査」を実施。徹底した検査が行われ、安全なお米だけを精米し、消費者のもとに届けられています。。



*お米の真空パックを販売しています。>>> 詳細はこちら
 防災対策として、家庭用備蓄米としてもご利用下さい。
 ご注文は、商品購入時に「真空パック」と書かれた商品を選択してください。
 そのままショッピングカートから購入手続きにお進み下さい。
  • 福島県会津産 ひとめぼれ

福島県会津産 ひとめぼれ

2,750円(税込)

 5kg5kg真空パック
白米
無洗米(白米のみ)
7分づき
5分づき
3分づき
玄米
  • 精米
購入数
  • 精米
 5kg5kg真空パック
白米
無洗米(白米のみ)
7分づき
5分づき
3分づき
玄米